認知症の介護の場合に、よくケアマネージャーなどがぶつかるのが、家族などの考え方ですが、その事を書いてみました。

家族が認知症になったら…介護の準備と心得

介護での自分の考え方と受け入れること

認知症の父の介護をしてみての体験としては、一般的な考え方が、必ずしも、その家族に当てはまるとは言えないということで、今まで、その家族が考えてきた、体験してきた生き方が、その家族の生活では常識だということです。そのことは私の家族の担当のケアマネージャーからよく話を聞きましたが、介護をしている家族により、考え方は千差万別で、常識が常識として当てはまらない家族が多いということでした。それは、その家族の生活の癖のようなもので、個人の性格が何人か集まり、そのバランスの上で、その家族の今の生活が、築かれてきたということでもあります。ある家庭では、夫の考え方が全てで、その夫が病気になっても、その夫の考え方で全て進みます。病院に行きたがらないとか、デイサービスを拒否するとかとなると、その負担は家族が負います。

そうなると家族は休めず、毎日が奴隷のように、その夫の介護で過ぎていきます。介護をしていると解りますが、とても疲れる作業で、何処かで息抜きが必要になります。それができなければ、そこはとても苦しい場所になってしまいます。しかしその家族の場合には、今までそうしてきたので、他の考え方を受け入れられない状態です。ケアマネージャーなどは、もっと楽に生活ができる方法などを提案しますが、決して受け入れません。そのような家庭も多くあるそうです。人間の考え方は、ひとりでは視野としても限りがあります。やはり時代に合わせて受け入れていくと、案外生きやすくなったりします。介護もそのような色々な考え方も受け入れるのが良いように思います。

Copyright (C)2017家族が認知症になったら…介護の準備と心得.All rights reserved.